協力隊員としてカンボジア在住。おどろき体験や日々考えることをつづっています


by masu820umi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

雨降って地固まる

2010年3月30日(火)

活動の矛先を変えてから、考えるよりとにかく行動してみようと
昨日、アヌワット小学校の校長先生のところに相談に行ってきました。

校長先生は歓迎ムード満載043.gif
4年生~6年生の理科の手伝いをしたいと申し出たところ、
一緒に時間割を確認してくれました。

6年生 午前クラス 水曜日  9:40~11:00(2コマ)
            土曜日  9:40~11:00(2コマ)

     午後クラス 水曜日 15:30~16:50(2コマ) 
            土曜日 15:30~16:50(2コマ)

ここカンボジアの小学校は、午前クラスと午後クラスがあります。
当然子供たちも、違います。
f0204552_1491146.jpg

上の写真は、今から「てこの学習をするよ」と聞いて、あわてて持っていった道具。
6年生の理科は、これまでも手伝ってました。

なんだか、とっても分かりやすい時間の組み方だなぁ、なんて思いながら、
5年生や4年生の時間割を見ると

あれ?6年生と全く同じ005.gif

つまり、アヌワット小学校は、水曜と土曜日の同じ時間に理科があるわけです。
これじゃ、4・5年生は手伝えない~って焦っていると
校長先生が「時間割変更は可能だよ」と優しい言葉をかけてくださいました。
本当にありがたい。

人の優しさにまた感動した一日でした。

先週までのモヤモヤは一気にふっとび、今は帰国までやってみたいなぁと思うことが新たに出てきました。なんでしょうね、この変わり身の早さは。

子ども達と話せるようになるためにクメール語もなんとかしなきゃ。
f0204552_1505319.jpg


おまけ。

今朝、カウンターパートから、「怪我した手がとっても痛いから授業休みね」との電話が。
先週からずっとですけど・・・。
そして明日も授業は休みなんでしょうね。
(クメール正月が近いもんだから、しかたないです)

生徒たちが暇そうにしてPTTCの理科室前にずっといるもんだから、顕微鏡で遊んでみました。
f0204552_1573543.jpg

ハエや巨大なクモを捕まえてきて、観ては興奮気味の生徒たち。
[PR]
by masu820umi | 2010-03-31 01:42 | 理数科の活動
2010年3月28日

ここ2週間ほど、暗中模索の日々。
どうしたらいいのか
あと一年で何ができるのか
何をしたらいいのか
悩み、苦しみ、考えて考え抜きました。

カンボジアは、途上国であるけれども、援助過多の国。
あまりにも、たくさんの国の援助団体が入りすぎて、かえって起こる弊害・・・。

わたしの活動先の教員養成校にも、その影響が出てしまいました。

プレイベンの教員養成校の理科に日本の他のNGOが入るということを知ったのは12月。
私の活動におもいっきり内容がかぶります。

ただでさえ、コマ数の少ない理科。
しかも前任者の先輩の成果がすばらしく、理科室や実験道具も充実。
カンボジア人の先生は、ほとんどの実験を一人ですることができるし。
マンパワーさえ期待されない、、、

時間的な余裕があるというより、持て余した時間をなんとかしようと思って
手伝い始めた音楽の授業、、、そんな現実。

協力して理科をやってといわれても、協力してやることなんてほとんどない。。。

だから、どうにかしようと思って、打開策として付属小に週一で通い始めてたけれど。

それでも、本来の活動先のPTTC(教員養成校)で、活動できないかと考えていました。
腹の立つこともあったけど、コミュニケーションがとれるようになってきた
カウンターパートが心残りだったから。

でも学校規模が大きくないから、分担もできない。(授業実施日は 相当少ないし)

そして実際にいらした方は、私よりかなり年上なのに腰が低くて、だいぶ年下の私に気を使ってくださる優しい方だし。私が「理科」をメインでやっていることも、把握してなかったよう・・・。
仮に、二人で授業展開のアドバイスをし、違う内容だったらカウンターパートの混乱は目に浮かぶし。

う~~ん。

八方ふさがり。
このままでは、二人とも遠慮しあっていい方向にはならないなと、悩んでいたら
見かねた調整員さん(協力隊員のお世話をしてくださる人)が声をかけてくださいました。

任地変更の話も。
バンテアイミエンチェイ・・・(タイよりのとても遠いところ)

でも縁あって住み始めたプレイベンを離れるのはどうしても嫌でした。
配属先の人や生徒、近所の人や子供たち、市場のおばちゃんなどプレイベンの人が好きだから。
そこは、こだわりたかった。

そして、たどりついた結論は
「活動のメインを小学校にする」

カンボジアに来て、プレイベンPTTCでカウンターパートと過ごした8か月を考えると
もったいないしとっても残念だけど
悶々と悩みながら、この先1年、活動を続けていくよりは、
小学校で子どもたちと理科をやった方が、のびのびと自分らしく活動できると思ったから。

ということで、明日から小学校に行きます。
(所属は変えられないらしいので、このままPTTCです)

基本的に楽観的な私ですが、こんなに悩んだのは久々でした。
すごく苦しかったけど、自分の存在意義を考えたり、じっくりと自分の心と向き合ったりって
協力隊だから体験できることなのかもしれないですね。
[PR]
by masu820umi | 2010-03-29 01:56 | 理数科の活動

さようなら またいつか

2010年3月26日

春は出会いと別れの季節というけれど。

21日に先輩隊員のお見送りのため空港に行ってきました。
20-1次隊のお2人。
そして事情があって、2月末に一足先に帰国したおひとり。

3人とも現職参加の教員で、教員養成校で活動した人達。
とってもお世話になったし、かかわりも深かったから別れがせつなかったです。

しかも・・・
一年後のちょうど同じ時期、自分たち21-1次隊現職教員も帰国だと思うと、さらに複雑な気分。

カンボジアを発つときに
「がんばったなぁ自分」と思えるのかなぁ、
「カンボジアが大好き」って思えるのかぁ、
今はまったくもって謎002.gif

なかなかうまくいかない活動、そして、焦る自分発見。
もう一年ないのに・・・。

そういえば、日本の勤務校でこの間卒業した子たちは、
転勤してすぐに受け持った一年生だったなぁ
日本の勤務校で仲良かった先生達も転勤なんだなぁ。
あと3回空港で、先輩隊員達を見送るんだなぁ。

など考えていたら、やたら感傷的な気分になってしまいました007.gif

でも、次のような言葉を自分に言い聞かせて

「別れは過去の記憶を思い出に変える力があり、
        出会いは未来を変える力がある」

尊敬すべき人との出会いは自分をより謙虚にし
守るべき出会いは自分をより勇敢にする。
愛すべき人との出会いは自分をより優しくし
競い合える人との出会いは自分をより努力かにする

今までたくさんの人と出会い、これから先も素敵な人達との出会いがあると思うから、
その出会いを大切にしながら、たくさんの人とかかわって、いっぱいの刺激を受け
自分自身を成長させて行けたらいいなぁ058.gif

ここカンボジアで、これからどんな人と出会うのかなぁ
そして、帰国後の日本でも。

とにかくお世話になった方々、ありがとうございました。
またいつかどこかで!
[PR]
by masu820umi | 2010-03-26 01:35 | その他
2010年3月16日

先週は、3日間音楽コンテストでプレイベン州の各地に赴き、
昨日は配属先でのリコーダーの贈呈式がありと
音楽三昧の日々でした。

書きたいことはたくさんあるんだけど、コンテストについて簡単に紹介。
f0204552_22374022.jpg

中央の子は指揮者!水色のきらきら衣装が輝いてました。

コンテストは、JHPという日本のNGO団体が主催しています。
カンボジア国内ではコンテストは6回目だそうですが、プレイベン州では初めての開催。
審査員としてお手伝いしました。

3月 9日(火) ピームロー群予選(小学生の部)
  10日(水) バープノン群予選(小学生の部)
11日(木)午前 コンポンリウ群予選(小学生の部)私の任地です。
       午後 中・高校生の部そして小学生の部 決勝。

小学生の部は2校、中高校生の部は1校、プノンペンの全国大会にいけるんですね。

みんなとっても上手でした。と言いたいところですが、、、。
指導者の力がてきめんにあらわれた結果になりました。

すごく熱心に指導していて全国大会を狙っている学校は、うまかった。
しかも演奏も上手でしたが子供たちもニコニコと楽しそうにしていたのが印象的。

対して、参加することに意義がある学校は、課題曲4曲なのに2曲だけの発表。
まぁ カンボジアですからこれはこれでいいんんでしょうけど。

この大会には、私の活動先のPTTCの生徒達も 模範演奏という形で招待されていましたが。
はっきりいって周りの小学生たちの方がうまかったです。
理由は簡単。
だって練習してないんだもの。
夕方の特訓には顔を出していましたが、音楽の先生は孫が生まれるからと2週間くらい留守。
その間は数学の先生が指導していました。
肝心の学生は、2年生が教育実習でほとんど不在。

しかも前日にやっとあえた音楽の先生。いまさら助けてって言われても・・・。
指揮の特訓もしてたのに、当日、会場で知り合いの他校の先生に頼んでるし015.gif

今年の反省を踏まえて
来年少しは、奮起してくれること願います。

このコンテストでは、審査員達も演奏を、ということで
カンボジアの音楽が2人とJHPの日本の方とリコーダーで4重奏。
それから、フルートの2重奏もしました。(久々に吹いたので音がいまいちでしたが)

群予選の2日間は、かなり田舎の学校まで行き、設置されたテントでの開催のコンテスト。
暑かったし体もしんどかったけど、いい経験ができました。

カンボジアの情操教育がますます広がっていきますように056.gif

(そうそう、ステージで演奏したせいで、街でさらにいろんな人に声をかけられるようになりました。外国人ってだけで目立ってたのに・・・。)
[PR]
by masu820umi | 2010-03-17 01:29 | その他

雅な時間 ~月の観察~

2010年3月1日

今日は満月という情報を小耳にはさんだので
家の玄関にて、のんびり月の観測をしてみました。

じゃん!
f0204552_1533418.jpg

理数科隊員っぽいでしょ?

カメラが上手な人ならもっとクリアーにとれるのでしょうが
人を写してもぶれまくる私にはこれが限界。
(30枚くらいとったけど)

使った天体望遠鏡は、9月末にカンボジアの理数科でお世話になっている
専門家さんが企画してくれた研修会で作ったものです。
f0204552_243177.jpg


虫の音でもききながら、
なら、かなり優雅なひと時なんですが
そこはカンボジア。
乾季なので結婚式の音楽が大音量でガンガン聞こえてくる中の観測でした。

明日は、RTTC(中学校教員養成校)の地学の先生と天体観測の予定。
昨日、道端でばったり会ったので「一緒に月をみない?」って誘ってみました。

明日もまた、素敵なひと時が送れそうです012.gif
[PR]
by masu820umi | 2010-03-02 02:12 | 理数科の活動