協力隊員としてカンボジア在住。おどろき体験や日々考えることをつづっています


by masu820umi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

<   2010年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

理科!りか!rika!

2010年2月23日

先週末から、理科三昧の日でした。
軽くスケジュールを。

☆19日 
     場所:プノンペン。
     サイエンスショー
    (Cambodia-Jaoan Cooperation Center という所のイベントの依頼を受けての活動)
     ・ブースに分かれて小中学生対象の楽しい理科実験の紹介。
     自分たちも楽しんじゃうカウンターパートの理科の先生二人。
     ちょっとかわいらしい・・・
f0204552_1103151.jpg
、    
     ・先輩隊員のショーのお手伝い。
f0204552_195835.jpg
   

☆21日~23日 
場所:クラチェ州
     SETDeliの活動(他の理数科隊員達と協力しての活動)
     ・クラチェ州の教員養成校で理科教員に対して実験方法の伝授。
     ・生徒たちへの授業

☆23日午後
   研究授業の撮影に同行
f0204552_113877.jpg
         
     自分がなにかしたわけではないけれど、
     4月のSTEPSAM2の理科研修で使用するために
     授業風景やインタビューの撮影が配属先であったので。


とっても慌ただしかったここ数日。
とびまわってた感が強く残ってます。それとともに疲労感も014.gif

でも、ばたばたしてるけど、苦しくない
むしろ楽しい058.gif
それは、理数科隊員の先輩達と一緒に活動することが、刺激になっているからなんだろうなぁ。

文系の私には、「へ~っ」「なるほど」と思うことがいっぱい。

石灰水の作り方(日本では理科担当の先生が用意してくれてたので)
肺の模型の作り方(前に自分で作ってうまくいかなかったので)
二酸化炭素のとりだしかた(コーラーから取り出すなんて!)

などなど。他にもたくさん
日本の学校に帰っても、使えそうな知識や実験を知ることができました。

それに、先輩たちの流暢なクメール語を聞いていて
このままではマズイなとも。

何もしないまま、達成感も味わえないまま
来年の3月に帰国しそう・・・。

基本的には、自分にとっても甘いし、人にも甘えまくっていますが
もう少し、自分に厳しくしなくては039.gif
  
[PR]
by masu820umi | 2010-02-24 00:52 | 理数科の活動

いろいろなお客さん

2010年2月16日

最近お客さんが多くて。

☆まずは日本人。

先週の金曜日、ベトナムから同期の隊員さんが2人遊びに来てくれました。
一人は、同じ生活班の人043.gif
彼は目立つようにと、ピンクのズボンと赤ぶちメガネで登場です。

NTC(二本松の訓練所)にいた時は、ピンクのズボンで相当目立ってた彼ですが
カンボジアでは、あまり浮いた感じはしなかった・・・。
だってカンボジアの若い男の子たち、ビビットなピンクとか
普通に着てますから。

一緒に食事をし、お酒を飲みながら語らいましたが068.gif
どこの国にいても、それ相応の悩みはあるんだなぁと実感しました。

☆そしてカンボジア人

日曜日の午後にプレイベンの我が家へ戻ると
大家さん一家が遊びに来ました。
普段、奥さんとお子さんはプノンペンに住んでいますが
中華正月ということで、実家に戻ってきてるようで。

さらに、大家さんの奥さんの弟さんとその奥さんと子供も。(ややこしい)
なぜか、家の前に大家さんの親族6人集合。

そうこうしているうちに
いつもの子供集団が庭になだれ込み
加えて小さな子にご飯を食べさせながら、近所のおばちゃんも庭に。
f0204552_1481747.jpg

なんでしょう005.gif
我が家・・・。

☆さらに生き物

先日は、家の庭に牛が入ってきて
のんきに食事・・・

家にやってきた同任地のMちゃんがf0204552_141288.jpg
「なんか牛がいるんだけど」
と声を変えてくれるまで
全く気付かなかったです
(視界に入っていたのにね)

その数日後、ふと気付くと家の中に猫が侵入・・・
お互い目が合って、数秒間 固まってしまいました。

一時期、我が家には虫系がたくさんいたのですが
最近は、たくさんの哺乳類が027.gif

治安の悪いところなら、どろぼうまで来ちゃいそうです。
いや~プレイベンでよかったよかった。
[PR]
by masu820umi | 2010-02-17 01:23 | その他

うれしい電話

2010年2月8日

週末、日本人会の運動会のお手伝いで首都プノンペンに上がっている時に
嬉しい知らせが舞い込みました。001.gif

理数科でお世話になっている先生からの電話で、
「リコーダー、結構な数が、日本の援助団体から託されたのだけれども
使いませんか?」
という内容。

ということで、詳しい打ち合わせをしにNIE(高校教員養成校?だったような)に
今日、行ってきました。

実は、リコーダー話をいただいた方は、
カンボジアにおいての日本人の中でもかな~りえらいポジションの人です。
理数科の先生は、私が音楽も手伝っていることを思い出し仲介役となってくださったのですね。
ありがたいです。

なのに・・・
Tシャツしかもっていなかった025.gif
やたらラフな格好で恐縮しながら話を伺いました。
日本だったら社会人としてアウトですね。

3月にソプラノリコーダー30本を寄付してくれるとのことです。
ただ、リコーダーを寄付するのではなく、きちんと指導してくれる人がいるところを探していたようです。

PTTCで音楽の授業を手伝い始めたころ、校長先生に
「ピアニカではなくて本当はソプラノリコーダーを指導して欲しい」と言われていました。
なぜなら、リコーダーはピアニカに比べ安く手に入るので
生徒が自分で欲しくなったら手の届く金額だから。
2ドルくらいらしいです。

でも援助されて学校にあったのは、
アルトリコーダー40本、
ソプラノリコーダー10本、
ドレミ~が分からない、楽器をさわったこともないカンボジアの学生には、アルトリコーダーは難しすぎです。
しかも、音楽の先生も全くお手上げの状態。
で結局使われることなく、棚に眠っていた楽器でした。

そこで、日本の勤務校にも協力をお願いしていたのです。

日本の小学校では、ボランティアに関する子どもたちの委員会活動
「キラッ072.gifとボランティア委員会」の子ども達が、ソプラノリコーダー集めの活動を始めてくれたようです。
(第二小のみんな ありがとう。もしたくさん集められたら、同じ敷地の小学校で教えようかなぁと 考え中ですよ。)

道具や楽器を援助されても、結局使われずしまわれたまま・・・
(というか使い方が分からないから しかたないんですね)
という現状は、理科の分野でも音楽の分野でもみられるので

何か物を援助しようという方、それがどのように使われるか先のことまで
考えてくださいね。
[PR]
by masu820umi | 2010-02-09 02:26

プレイヴェンの小学校

2010年2月4日

私の活動先は、小学校教員養成校(略してPTTC)

でも、悩み考えることがあって、12月からは同じ敷地内にある小学校にも
週1ペースでおじゃましています。

個人的にお願いし、6年生の理科の授業を見せてもらっているだけなのですが
なにかしら、実験を授業でしてもらえたらなぁと。

一応、2週間後に「電池と豆電球もどき(?)」を使っての授業のお手伝いを
する約束を担任の先生としました。

豆電球はないので、市場でクリスマスによく見る電飾を買ってきて
昨日は、それを切って分解していました。
(先輩隊員さんのまねっこです)

プレイベンはカンボジアでも田舎ですがf0204552_2142255.jpg
日本でいう県庁所在地の学校だからか
子供たちの持ち物なども、けっこう小ぎれい。

教科書も一人一冊もっていました。

でも・・・。025.gif

実は、2月1日からPTTCの2年生は、教育実習に行っているのですが
よく理科室に遊びに来る学生が、教育実習初日に
こんな愚痴をこぼしていたのを思い出しました。

「担当は4年生だけど、1クラス34人なのに
クメール語の教科書が4冊しかないよ。
8人で1冊の教科書を見てるけど、教えるのが大変!」って。

8人で1冊の国語の教科書を見る子ども達。
同じ公立の小学校なのに。

そんな現実を目の当たりにしても
なにもしてあげることはできない自分。

もどかしいけれど・・・
とにかく自分にできることを少しずつやっていこうと
思いました。

とにかく、その教育実習先の小学校を(遠いらしいけど)
自分の目で確かめてみたいなぁ。
[PR]
by masu820umi | 2010-02-05 02:10 | 子どもたち