カテゴリ:クメールの人たち( 10 )

さようならプレイベン

2010年3月14日

日本の事態は思ってた以上に深刻で。

ネットやメールで知ってはいましたが、
実は今日の夜、初めて地震の映像を目にし、かなり衝撃を受けました。
これが現実におこっていることだなんて。

弟一家は宮城にいますが、なんとか無事のようです。

21日の朝には、成田に到着予定ですが、
実家の秋田に帰れるのは少し先かなぁ。
荷物も送ろうと思ってたけど・・・どうしよう

所属先の横浜も大変そう。
小中学校は、給食カットで午前授業のみだそうで。

そんな日本の非常事態の中、明日任地を離れプノンペンにあがります。

12日(土)には、同任地のMちゃんと共同で、さよならパーティーも開催しました。
共通の知り合いをよんで、おおにぎわい。
まぁ 途中からおっちゃんたちの 飲み会モードでしたけど
それはそれで、堅苦しくなくてカンボジアっぽくて いいなぁと。
私の活動先の先生たちは8日に続き2回目なのに、来てくれました。

ここ数日は出会う人みんなが お別れの挨拶と共にかならず
「日本の親や親類は大丈夫?」
と心配してくれます。

お別れの感傷的な気分は地震のニュースで一気にふっとびました。
後、一週間後には日本にいる自分。
家を探し、生活の基盤を整え、転勤して、4月1日職場復帰...
やっていけるのかなぁ。

どうか日本のみなさんがこれ以上辛いことになりませんように。
[PR]
by masu820umi | 2011-03-15 00:40 | クメールの人たち

お別れ三昧

2011年3月11日

日本では大きな地震があったようですね。
校長先生が(カンボジア人です)心配して電話で知らせてくれました。
遠い国から私には祈ることしかできないのですが・・・。

さて、最近は誰かとお別れの言葉を交わす毎日です。

8日(祝日)先生たちがお別れパーティーを開いてくれました。
飲めや歌えやの楽しいパーティー
  
f0204552_2251660.jpg

  そして 感謝状と伝統的な布ホールの贈り物。大事にします!
f0204552_22535197.jpg

9日 朝の集会で、生徒たちとのお別れセレモニー。

  代表生徒の言葉と悲しげな表情を見ているうちに、悲しくなって
  さらに、思い入れのある生徒たちが贈り物を手に歩み寄ってきたときに
  思わず涙がこぼれました。
  
f0204552_239790.jpg
  
  
  そして校長先生からのありがたい一言が012.gif 
  「学生はsumiを愛しているのよ。だからsumiにもっといてもらうために
   JICAや日本大使館にお願する方法を質問しにきたのよ」

  校長先生は私が現職参加で任期延長はできないことは知っていたので
  「sumiには、日本で待っている生徒たちがいるから」と生徒に伝えたそうです。

  この言葉、なによりも嬉しかった~045.gif
  
  ところで
  仕事していたときは、感情を押し殺して人前で涙なんか見せなかった自分。
  かなり腹がたっても冷静さを保とうと努めていた自分。
  常に「せんせい」という看板をしょっていて、
  人様の目も気になって...
 
  でもここカンボジアに来て、感情を素直に表すことができました。
  (言葉が通じないから、感情で読み取ってもらってた一面もあるけど)

  大声で笑い、腹が立った時には言葉にして伝え態度で示し
  悲しい時には泣き しんどい時には人に甘え 

  周りの目なんか気にすることなく、「せんせい」の看板を背負うことも無く
  1年9カ月をのびのびと感情豊かに生きることができました。

  それは周りのカンボジアの人達が本当にあたたかかったから。
  どんな時でもかかわろうとしてくれたから。
  
  そんなカンボジアの人たちが大好きです!
  
  
  

  
    

   
  
     
 
[PR]
by masu820umi | 2011-03-11 23:44 | クメールの人たち

お金さえ積めば。。。

2011年2月13日

最近の週末は、いつものんびりと任地で。
理由は、残りの任期が少ないことと、なぜか今になってバス酔いがひどくなったから。
プノンペンまでのバス移動がしんどい。。。

さて、昨日の夕方、市場でおやつを食べ、川沿いをぶらぶらしていたら
養成校の卒業生にばったり。
f0204552_13410100.jpg

というわけで、一緒にサトウキビジュースを飲みました。
パパイヤサラダも食べたけど、辛すぎで断念。
唐辛子はちょっとだけ と伝えたのにぃ~。
f0204552_1344313.jpg

実は彼女、私が教えた生徒ではない!
私の着任は2009年7月。
彼女はその一か月前に卒業した生徒でしたが、なぜがよく理科室に遊びにきていた子です。

一回来ると2時間くらい帰ってくれない。そして毎日来る002.gif
週末は、朝6時から電話がくる。。。夜もメールが。。。
そんな密なかかわり方から逃げだしたくなり、距離を置いた卒業生でした。
(ごめんね~)

そんな彼女は、先生2年目。
でも、以前より表情が暗い。聞けば、農村での先生業は大変とのこと。
「来年には実家のあるプレイベンの州都で働きたい」と話してました。

で、そのための費用
  300$
仮にプノンペンへの転勤をしたい場合の費用は
  2500$

お金さえ積めばどうにかなっちゃうカンボジア027.gif
警察だってお金さえそっと渡せば、ちょっとぐらい違法なことだって見逃してくれるカンボジア。
公然とおこなわれるワイロの国カンボジア。

この風習は、しばらく続くんだろうなぁ~。
[PR]
by masu820umi | 2011-02-13 23:25 | クメールの人たち
2011年2月3日

昨日2日は、中華正月。
というわけで、朝から爆竹の音がいたるところで鳴り響いた一日でした。

特に子供たち、小さな子までマッチを使って上手に遊ぶ!
日本だったら「火遊び禁止」となるんでしょうねぇ。
でも、ここはなんだって好きにできるカンボジア。
子供たちは、ほんとに のびのびしてます。

本当は、中華系カンボジア人の新年なんだけど、
まったく普通のクメール人たちも便乗してお祝いモードです。

で、夜、食事会に呼ばれていってきました。
f0204552_0313326.jpg
時々、コーヒーを買うお店のご一家。
先日、コーヒーを飲んで焼きクイティウを食べていたら
「ぜひ、いらっしゃい」とお誘いを受けたのです。
(しかも、クイティウおごってくれたのデス・・・)

よく知らない外国人の私。
言葉も拙い外国人の私。
なのに、親類一同の輪の中に、あたたかく迎えてくれるカンボジアの人々。

ご馳走の鶏肉をいっぱいお皿にいれてくれるお姉さん。
ビールをいっぱい勧めてくれるおじさん。
冗談好きで、いっぱい話しかけてくれるお父さん。
食後のフルーツをすすめてくれるお母さん。
そして、よく食べよく笑う子供たち。

最後には お土産まで持たせてくれて
夜道は危ないからと家まで送ってくれました。

決して裕福ではないのに
親類一同集まって、みんなニコニコ。

貧しいけれど、
不便なことはいっぱいあるけれど、
決して不幸じゃないカンボジアの人たち。

やっぱり、こういうのいいなぁ。
f0204552_04506.jpg
←お世話になっている薬屋さん(いつもシャンプーを買うお店)の家の中。
 たぶん中華系!?
[PR]
by masu820umi | 2011-02-04 00:49 | クメールの人たち

の~こ~メイク

2011年1月23日

20時現在、ご近所の家で結婚式開催中。

カンボジアでは、家の前の道路を封鎖して、テントを立て
その中でお食事やロアム(ダンス)を行います。

というわけで、今朝は6時から大音量で音楽が流れています。
うちの窓枠が音の振動でゆれるくらいの大音量。
きっと夜中まで続くんだろうなぁ。
はぁ~

それはそうと、カンボジアの結婚式は、とってもきらびやか。
女性もバッチリメイクでめちゃ派手。
f0204552_2144111.jpg

どうです?
濃いでしょ?
一年前に思い出作りに、何人かで挑戦してみたんですね。

さて、この中に男性も含まれていますが、わかりますか?
(関係する皆さん、今更、こんな写真出しちゃってごめんなさい。O先輩許してくださ~い)
[PR]
by masu820umi | 2011-01-23 21:47 | クメールの人たち
2010年12月21日

クリスマスも年末の気忙しさもないプレイベン。
普段通りの毎日なため、今年もあとわずかなことを、忘れがちになります。

最近の悩みといえば・・・
魚臭・・・
カンボジアの伝統的な調味料プロホック(魚系)や干し魚が
各家庭で作られているためか、どこへいっても生臭い002.gif

学校へ行くときも・・・うぅ~
市場へ行くときも・・・はぁ~
自宅の玄関までも・・・020.gif
というわけで、けっこう、しんどい毎日です。

話は変わって活動先のことを。

まずは理科。

理科の先生は明日から、他州で開かれる学校紹介のイベント(?)に
出張だそうで、その準備のため、先週の半ばから授業はワタクシにバトンタッチ。
手作り実験器具なんかは一緒に作って準備しました。
とっても楽しそうです。

でも理科はともかく受け持ちの他教科の授業まで、
「授業お願いね♪」って押し付けようと。
ちなみに「チャイルドレン フレンドリー シップ」
なにを教えればいいのだぁ~015.gif

次は音楽

1月5日音楽コンテスト参加するそうで、
今週からいきなり練習スタート。
昼や夕方に電話で呼び出されます。

ドレミもわからない生徒に、
「鍵盤ハーモニカを教えてね」って060.gif

休日があったり生徒は夕方から英語塾に通ったりして
練習する時間はほとんどないけど大丈夫なんだろうか

もうちょっと 早くから練習すればいいのに・・・
(でもカンボジアの人は計画的にやるの得意じゃないからねぇ)

というわけで、自由気ままなカンボジア人たちに相変わらずふりまわされてます042.gif
[PR]
by masu820umi | 2010-12-22 02:20 | クメールの人たち

満喫!スローライフ

2010年11月10日

帰国まで4カ月ちょっととなりました。
帰国までわずかになってきたからか、最近、帰りたくないな~なんて思うように。
一時は、帰りたかったのになぁ・・・

初めのころは、カンボジアの人達の密な距離感やスローな時間感覚などに
イラッとすることもあったけど
今は、それが苦じゃない。
不思議なことにむしろ心地よかったり043.gif

カウンターパートは、お子さんの結婚式準備で授業が終わると
そそくさと帰宅。
しかたないので、理科室前で通りかかる暇そうな学生を
つかまえて、勝手に実験を披露。
道具がいくらで用意できるか、どうやってやるかを教え込み023.gif
生徒も楽しそうだし質問もしてくるから、こういうのもいいかなと。

昼は市場でおかゆを食べ

夕方は、同僚のネアックルー達(女性の先生)とデザートを食べに行き
しかもおごってもらい
水を買いに行き、店の人に揚げドーナツ?をごちそうになり

隙あらば家に遊びにこようとする近所の子たちに
鍵盤ハーモニカを教え、
草むしりをし(隣の家の牛が食べるんだそうで。
もらっていい?と聞かれたので一緒に草むしりをする羽目に・・・)
f0204552_06046.jpg

といったように、のんびりした生活。

仕事中心の人生の日本人?
物は豊かだけど。
生活中心の人生のカンボジア人?
物はないけど。

メディアを通してではなく、自分で体感しているカンボジア。
なんだかあったかい気持ちになれて毎日が幸せです058.gif
[PR]
by masu820umi | 2010-11-11 00:01 | クメールの人たち

卒業式inカンボジア

2010年6月21日

19日(土)は、隊員総会、帰国報告会、送別会があったためプノンペンにあがっていました。
ちなみに18日(金)は、国王のお母様のお誕生日で祝日。
やっぱり祝日が多いカンボジアです。

今回は、3名の20-1次隊、先輩達の帰国となります。
帰国報告会では、職種は違えどみんないろいろ悩み、
模索しながら活動していたんだなぁって自分の活動と重ね合わせながら聞いていました。
カンボジアを去る時、自分は何を感じているんだろう039.gif

さて、ゆっくりと帰国隊員さんたちと別れをおしみたかったのですが
20日(日)朝6時にプノンペンを出発。
今回は、奮発してタクシー1台チャーターで帰りました。
任地プレイベン~プノンペンは、1席5$。
カンボジアでは、普通の乗用車に7人お客さんを乗せるので7席×5ドルで35$。
ちなみにバスだと3$。

というのは、朝8時から卒業式があったから。
3月に帰国してしまう私には、今回が最初で最後の卒業式参加のチャンスです。
そして、もう卒業する2年生に会うチャンスは、多分これが最後。
校長先生にも「授業でかかわったあなたにも出席して欲しい」と声をかけてもらったし。
なので、タクシーにちょっと飛ばしてもらいました。

おかげさまでセレモニーに間に合い出席。
校長先生とプレイベン州の教育長の長~いお話を聞き、セレモニーは終了。
途中、寝不足気味とピタピタのサンポット(カンボジアの伝統的なスカート)のせいで
辛かったけど、耐えました。

で、いつものようにカンボジア式パーティー。
食べて、飲んで、踊って踊って踊って踊って・・・。
f0204552_132786.jpg


そして、足をつりました015.gif
私は、2時間ほどで限界がきましたが、f0204552_173563.jpg
結局みんなは6時間くらい踊ってたらしいです。
体力ありすぎです、カンボジアの人たち。

任地に着任して最初になかよくなった2年生のみんな。
彼らの笑顔や優しい言葉に励まされたことが何度あったか。
もっと、いろいろしてあげたかったなぁ。

2年生のみんなが素敵な小学校の先生になれますように058.gif
[PR]
by masu820umi | 2010-06-22 01:14 | クメールの人たち

カンボジアの法事

2010年5月22日

5月12日~17日まで国王の誕生日連休を利用してベトナム旅行へ。

その楽しい思い出を書こうと思っていた矢先、
大家さんの家に不幸があったため、法事?お葬式?なるものに参列してきたので
先に、その様子を書きます。

ベトナム旅行から任地に戻ったのは18日。
19日早朝からお経が聞こえ(朝5時くらい・・・もっと寝たかったぁ)
仕事へ行こうとしたら、ポリスや軍関係者が道路を封鎖してたので
なんかえらい人が亡くなったんだろうなぁなんて思ってたけど。


カンボジアって、血のつながりがある人は、男女問わず頭をまるめて喪に服すようです。
大家さんの奥さんや孫にあたる人たち、いきなり坊主だったからびっくりです。
それと、お寺への道中は、コピーしたお金と本物のお金をまくらしいです。
どうりで、道端に100ドル紙幣がいっぱい落ちていると思ったら。

で、昨日の夕方、7日目ぐらい行われる法事にいらっしゃいといわれてたので
雷雨に怯えながら行ってみるました。
(カンボジアは、雨季になりました)

まず、入り口は、電飾005.gif
う~ん 日本とは違って派手。

入り口で香典(?)をわたすと、お寺にいるお爺さん(お坊さんのお世話係みたいな人)
が拝んでくれました。

そのままテーブルに連れて行かれ
「ボボーノイ」という野菜やショートパスタが入った煮込みを
めちゃめちゃ食べさせられました。

近所の顔なじみのタマゴ売りのおばちゃんが、
次から次へとお皿にいれてくれるもんだから、かなり満腹。
周りの人たちも談笑。

しめやかな雰囲気の日本とは違うなぁと思って聞いてみると
亡くなってすぐは、カンボジア人も泣くよって教えてくれました。

国が違えば文化も習慣も違うなぁってこと
また改めて感じる一日でした。

それにしても、若い女の子も頭を丸めるのかなぁ?
[PR]
by masu820umi | 2010-05-23 01:05 | クメールの人たち

葉っぱの家の結婚式

2009年12月23日(水)

先週のタイトなスケジュールから一転、f0204552_23164057.jpg
のんびりできるなぁと思っていた矢先に
PTTCの生徒から熱烈な誘いを受け、
行ってきました

農村での結婚式016.gif

17時 授業終了後 学生たちに見送られながら出発。
モトに乗せられて、ひたすら田んぼの中の道を
ススム すすむ 進む
あまりに何もなさ過ぎて、ちょっと心配になるくらいの田んぼ道。

と、40分ほどたったころ遠くの方から大音量の音楽が聞こえてきて
 「本当に結婚式 やってるな」とひと安心。

到着後 挨拶もそこそこに、みんなに見つめられながら夕飯。
ソムローカリー アヒルの煮込み、見たことのないもの(内臓系)が乗っているサラダ。
きっと 農村のご馳走なんですね。

そして8時ごろ結婚式スタート。

ん?
派手派手衣装と濃厚メイクの人がいな~い。
プノンペンやプレイベンの町で見るような派手な人はおらず
普段着の子供たちやちょっと小奇麗な格好のひとが大勢いました。
f0204552_23173992.jpg

気軽に集まってる感じが、田舎のお祭りのよう。

家の中での儀式(?)が一通り終わると続いて
外でフルーツカット。ケーキカットのようなものです。

そして定番のロアム。
もちろん一緒に踊りました。

PM 11時過ぎ  限界だったので、小さな子が眠る蚊帳に入れてもらい眠る。f0204552_23193321.jpg
            もちろん大音量のなかです。

AM 0時      宴終了。これでゆっくり
            眠れるかと思いきや、
            葉っぱの家が寒すぎて
            凍えそうに・・・。
            農村、いい風が吹くんです007.gif

AM 2時      伝統楽器グループ集合。音楽を奏で始める。
            眠れるわけがありません。
        
AM 3時      マイクを使いはじめ、結婚式2日目スタート

AM 3時30    他の家へ移動(気を使ってくれたようです)
            真っ暗な中、モトに乗せられ田んぼの中移動。
AM 4時      眠る

AM 5時      起床。すぐに ご飯とノン(お菓子)を食べさせられる。
AM 5時30分   帰路 
AM 6時30分   無事到着

ということで、農村の結婚式という貴重な経験をさせてもらった一日。
体的にはつらかったけど、突然現れた外国人を優しく受け入れてくれるカンボジア人の懐の深さを改めて実感しました。星は360度 よく見えたし072.gif行って良かったです。

ちなみに、トイレはすご~~く遠い 場所にあるらしく
「トイレに行きたいんだけど」って言ったら、木の根元を指さされ、問題ないよって・・・。
30キロ離れているって 言ってたような。聞き間違いかなぁ

農村ですから
仕方ないですね。青空トイレ
[PR]
by masu820umi | 2009-12-23 22:57 | クメールの人たち