カテゴリ:たび日記( 11 )

ベトナム ホーチミンへ

2011月2月27日

任国外旅行(カンボジア国外へ脱出できる日数は年間20日間)
の残りの日数が、14日も残っていたので、週末を利用してホーチミンに行ってきました。
f0204552_1255262.jpg
旅のメインの目的は「陸路での国境越え」
ホーチミンに近い任地だったので、最後にやっておきたかったのです。
なのでホーチミン滞在時間は、1.5日

26日(金)
朝 7時    バイクタクシー→ フェリー乗り場へ
  7時50   フェリー乗り場にて通りがかりのバスを捕まえ乗車
  9時40   ベトナム入国
  11時40   ホーチミン郊外着 
12時    市内バス乗車→ 中心地へ到着
       (タクシーは悪い運転手がいるからダメって、
        親切なベトナム人がバスに乗せてくれたのデス)

なんと4時間40分で自宅からホーチミンに到着。
しかもホーチミンへのバス代は

 5$005.gif やす~い!
 通常は、プノンペン~ホーチミンは10$。

 安いにはそれなりの理由があって 
 実はこのバス、荷物運搬がメインのレアバスだったみたいで
 乗客はベトナム人4人だけだった・・・だから国境で時間がかからなかったけど。
 英語もクメール語も通じず、ベトナム語のみって・・・
 運よく日本語を話せる親切なベトナム人が隣に座って面倒見てくれました072.gif

f0204552_1181598.jpg
市内バスチケット 4000ドン。でも車掌さん(?)愛想の全くない女の人でこわ~


 ホーチミンでは、片言の日本語を話す怪しいおばちゃんmoto(バイクタクシー)
 につきまとわれたり
 「いかさま賭博」のターゲットにされたり(たぶん、そうだと思うんだけど)  
 市場で売り子さんに腕をつかまれたり(強引すぎ!)

 とカンボジアでは考えられないような体験をしましたが
 何事もなく帰ってきました。ある意味面白かったです。
  
普段 の~んびりした田舎プレイベンの、人のいいカンボジア人たちに囲まれて暮してるから
 平和ボケしてるんだなぁって実感。
f0204552_1245928.jpg

 おまけ:ゲストハウス街で一人で飲んでいたら、目の前を知り合いの集団がぁ。
     調整員さんやお世話になっている専門家の方、JOCVなどなど。
     ソフトボールの試合inベトナムなんだそうです。  

 
 
  

        
    
 

       

      
[PR]
by masu820umi | 2011-02-27 21:24 | たび日記

近況~水祭り連休~

2010年11月23日

↓プレイベンの水祭りボートレース(一か月くらい前にありました)
f0204552_153189.jpg

今朝のんきに授業があるか確認しに学校に行くと
(祝日の振り替えで休みナはずなのに、カウンターパートは授業があるっていうから)、
同じく生徒がいるか確認しに来たもう一人のカウンターパートとばったり。

「プノンペンが大変だぞ」という話を聞き、学校には誰もいないので
家に帰ってテレビをつけると、
水祭りでの大惨事の様子が映し出されていました。

大勢の方が亡くなったり怪我をしたりしたようです。
プノンペンからそう遠くないプレイベン。
知り合いのカンボジア人や生徒が巻き込まれていないかとっても心配。

そして、今夜20時ごろ、いきなり近所中の家々からトタンや家の壁、太鼓、タライなどを
叩く音が響き渡りました。
なにごとかと思って外に出ると蝋燭を立て、家の前で打ち鳴らす人々。
叫び声まで聞こえるし、怖かったけど
「大勢の人が亡くなったから」だそうです。
(ご冥福をお祈りいたします。)

さて、水祭り連休、わたしはプノンペンからバスで12時間のラタナキへ小旅行に行っていました。
ラオスとベトナム国境の町。
f0204552_1421857.jpg
←煙管をふかすおばあちゃん かっこいぃ~ 
滝めぐりをしたり、少数民族にあったり旅自体は楽しみましたが・・・
なんと
普段食べない貝を食べて
そして
あたりました042.gif
たった一粒なのにぃ~

苦手なのに挑戦しようと思ったのがいけなかった。
ちなみに旅に同行した二人の友人は(日本人)たくさん食べたのに元気です。

今は少し回復したけれど
明日からはお隣の州、スバイリエン小学校教員養成校へSETDeli活動で出張。

実験道具をたくさんもって教えに行くんですが、
体、大丈夫かなぁ

みなさん、食べ慣れないものには注意ですョ
[PR]
by masu820umi | 2010-11-24 01:37 | たび日記

国内旅行(In CAMBODIA)

2010年10月31日

昨日から、とっても寒いカンボジア。
周りのカンボジア人も長袖やニット帽の人がたくさんいます。

で、気温を確かめてみると20℃・・・。
帰国する3月が思いやられます008.gif
冷え性のワタクシ、日本の気候に適応できるかかなり心配です。
どうしよう・・・

さてさて、カンボジアは王様の誕生日連休のため、明日も休み。
4連休なので、ふと思い立って
一泊二日で同期のいるコンポンチュナンというとこに行ってきました。
f0204552_315291.jpg

焼き物のまちコンポンチュナン。
前から行きたいなぁと思ってたし、残りの任期を考えると
動けるうちに動いておかないと、と思って。

同じカンボジアなのにプレイベンとは、様子が違ってなかなかおもしろかったです。

焼き物の村、水上生活の人たちが暮すトンレサップ、そして山!
任地プレイベンは、はてしなく続く田んぼなので、カンボジアで山を間近にみれて
なんだか新鮮でした。

カンボジア生活もあと5カ月。
日本に戻るとなかなかチャンスはないと思うから
できるだけ、カンボジア国内を見たいな~

(実は まだアンコールワットの中に入ってないのデス。
 4回も、前までは行った時があるんですけどね。
 早く行っておかなきゃ)
[PR]
by masu820umi | 2010-11-01 01:34 | たび日記

ラオスのたび

2010年10月8日

カンボジアは只今 ボンプチュンバン(お盆)でお休み。
今日はお寺に行ってきました。

さてさて、ラオス旅行について。
トータル10日間の旅016.gif

一緒に行く人の飛行機トラブルやラオ航空の飛行機が飛ばなくて
ハラハラ、ドキドキもあったけど、
とっても満喫。

プノンペン(カンボジア)
→ビエンチャン(ラオスの首都)
→シェンクワーン(ミステリーな感じの壺がある原っぱ)
→ルアンパパーン(世界遺産、お坊さんの托鉢が有名)
→パクセー(アンコールワットっぽい世界遺産のお寺)
→ウボン(タイのまち、陸路でラオスから)
→バンコク
→プノンペン

という長いなが~い旅。
こんなに長い旅行したのは初めてでした。
f0204552_115690.jpg
まずは やっぱりこれ!
びあらお~三昧

f0204552_143217.jpg

シェンクワーンのジャール平原。
松茸の産地らしく探したけど・・・
時期がちょっと遅かったみたく食べられなかったデス

f0204552_164615.jpg
托鉢では、お坊さんの跡をつけてみました

f0204552_18840.jpg
また行きたい世界遺産ワット、プー

カンボジアと似ているようで違うとこもいっぱいあるラオス。
旅にでると、自分の任国のいいとこもザンネンなとこもよりくっきりと見えてしまう
こともあるけれど、また旅にでたいな~045.gif
[PR]
by masu820umi | 2010-10-09 01:15 | たび日記
2010年10月5日

ただいま~デス。
ラオス旅行から戻ってきました001.gif001.gif

9月13日~23日   理数科プロジェクのPTTC研修(inプノンペン)
9月24日、25日   21-1次隊 同期10名旅行 (inコッコン カンボジア国内)
9月26日~10月5日  ラオス旅行
10月7日~     隊員機関誌取材(in カンダール)

ということで、かれこれ一か月ほど任地&自宅を離れています。

長旅も終わり、そろそろ活動に戻らなきゃならないとこですが
何とカンボジアは、ボンプチュンバン(お盆)に突入。
任地に戻るのは、更に数日後になりそう。

ということで、いろいろ盛りだくさんだったこの数週間の様子は
少しずつアップしていこうと思います。

それにしても、ラオスは素敵な国でした。
また行きたいな~056.gif
[PR]
by masu820umi | 2010-10-06 01:21 | たび日記

タイ日記

2010日4月17日

いや~楽しかった003.giff0204552_2224590.jpg

なにごともなく、タイから帰国です。
バンコクの友達の家の周辺は静か。
バンコクに一泊して友達と一緒にプーケットに行ってきました。
もちろん目的は、海☆ダイビング~037.gif

プーケット空港に到着した時、
現地のおっちゃんにどこからきたのか聞かれ
「バンコク」と伝えたら、
そのおっちゃんが一言。

バンコク、デンジャラ~ス  プーケット、パラダ~イス
でも私にとっては、どっちもパラダイスでした。

海もさることながら
今回は食尽くしの旅。
食べまくりました。

最後の最後 帰りの飛行機は悪天候で欠航。。。
でもお詫びにいただいた、お食事クーポンで
これまた豚骨ラーメンをおいしくいただきました。

不思議なことに・・・?
プノンペン行きの飛行機に乗ってクメール語が聞こえた時
とっても嬉しかったです。

飛行機で隣の席になったクメール人のおじさんとは、プレイベン(任地です)が出身地とのことで
話もはずみました。

いつの間にかカンボジアが地元みたいになってたんですねぇ045.gif
[PR]
by masu820umi | 2010-04-18 01:44 | たび日記

クラチェのこども~

11月15日(日)

旅行先のクラチェでは、同期隊員の活動先の幼稚園
そして 先輩隊員の活動先PTTC(小学校教員養成校)にも おじゃましました。

幼稚園では 午前中7:00~10:30の間
3歳児クラスで一緒にちびっこたちと過ごしてみました。

日本の子もカンボジアの子も一緒!f0204552_05645.jpg

かわいすぎ~

でも 切ない現実をかいまみることも。f0204552_053871.jpg

途中、おやつタイムがあるのですが
子どもたちは、500リエルくらい持ってきていて
クラスの先生からお菓子を買います。

でも、なかには、お金を持ってこれなくて、おやつのない子が・・・

カンボジア国中で見られる大きすぎる貧富の差。
こんな小さな子たちの姿からもうかがえて
なんともいえない気持ちになりました。

次はPTTC。

まず、正門を見ただけでびっくり。

なんだかキレイ005.gif

クラスは1学年2クラスのアットホームな学校でした。
パソコンルームは充実していて
これまた びっくり。

プレイベンPTTCにもあれば、学生たち喜ぶだろうなぁ。

同じカンボジアの田舎だと思っていたクラチェに一歩リードされてる感が
ぬぐいきれないまま、戻ってきました。

外国人多いし、なんだか小奇麗。

イルカの力でしょうか。

プレイベンのトンレにもイルカがすみついてくれないかなぁ。
[PR]
by masu820umi | 2009-11-16 00:06 | たび日記

川イルカと遭遇

11月13日(金)

昨日からカンボジアの東部クラチェ州に来ています。

毎日 遊んでばっかりのようですが037.gif
学校が(教員養成校)の入試があるため、昨日から休み。

その休みを有効活用すべく、友達が住んでいるクラチェに来ちゃいました。

我が町プレイベンからだったら、いったんプノンペンに出て、クラチェ行きのバスに乗るのが
スタンダード?なルートかもしれませんが、

今回はおもいきって、コンポンチャム経由でトゥーリーに乗るルートに挑戦。
かなり心配してましたが
乗り換えは、意外に簡単にできました。

が、最後の最後で、バスを下車する場所がわからず
ちょっとだけストゥントレイという町 方面に向かってしまいました。

途中で気づいてよかったぁ。

今日は、同期の友達の活動先の幼稚園で午前中は3歳児と戯れ
(かわいかったけど、先生たちの持っている棒がこわかった)

午後は、クラチェ名物、川イルカウォッチング。

海でみるイルカとは、また一味違う雰囲気がおもしろかったです。
茶色い川の水。
ゆっくり動く船。
どこからか現れるイルカ。

イルカの種類も違うし
ぜひ、クラチェのイルカ、一度はごらんくださいな。

(写真は、撮るのが難しく あきらめました。)
[PR]
by masu820umi | 2009-11-13 22:11 | たび日記

強行スケジュールの旅

11月9日(月)

ただいまぁ。
昨日、12日ぶりにわが町プレイベンに帰ってきました。

遊び、活動、合わせて全部で3か所。
かなり密度の濃い毎日でした。

10月29日~31日 シェムリアップ(アンコールワットがあります)
11月 1日~ 4日 シンガポール
11月 5日~ 7日 コンポントム(カンボジア国内での理数科隊員としての活動)

今日は、祝日で休み。
ゆっくり体を休めることができました。

旅の記録は、おいおいと。

まずは、無事帰還したことのお知らせでした。

明日 7時から学校行けるかな・・・
[PR]
by masu820umi | 2009-11-10 00:51 | たび日記
10月14日(水)

長かったプノンペンでの研修も終わり、日常が戻ってきました。
生活に苦労することもあるけれど、やっぱり田舎はほっとします。

プノンペンにいる12日間で2回も病院にいったもんで。
なにせ、排気ガスやほこりが尋常じゃないです。
(詳しくは、またこの次に)

さて、カンボジア国内旅行の続き。
カンボジアの海で潜ってみました019.giff0204552_14502230.jpg

    水温 29度    透明度 3~4mくらい 
    見れたもの   ウミウシ・・・

感想は、「温かい伊豆」
雨季なのでしょうがないです。乾季は、もっといいらしいので楽しみにしています。

ところで、海はさることながら帰りのボートが、カンボジアらしかったです。

小さな島に上陸後、いつの間にか乗っていたカンボジアの人たち。
そのうちの一人が、なんと妊婦さん。
旦那つき、近所のおばちゃんと子供つきです。

なんでも、陣痛が前日からはじまっていたようです。    f0204552_14512744.jpg

わたしは、のんきに夕陽の写真なんかとっていましたが、
気づいた時は陣痛が0分間隔に。
本気で、「ボートで出産かなぁ」と思ったその時

ボートのが止まりました。

いつの間にか辺りは真っ暗で 港の明かりが遠くに見えました。
そして 陣痛の間隔も2分おき。
カンボジアは お盆に入っていたので だれも助けにはきてくれそうになく、

「終わった・・・」

まじめにそう思いました。
しかし、20分後くらいたった時、エンジンが苦しそうな音を立てて動き始めました。
結局、港につくまで妊婦さんは耐えて、そのままトゥクトゥクに乗って病院へいきました。

おまけですが
「お金がなくて~」と訴えてきた妊婦さんたちにみんなでカンパしました。
一人10ドルぐらい。
計150ドル。
カンボジアの悲しい現実を目の当たりにしました。

無事に元気な赤ちゃんを産んでいることを祈ります。
[PR]
by masu820umi | 2009-10-14 14:06 | たび日記