協力隊員としてカンボジア在住。おどろき体験や日々考えることをつづっています


by masu820umi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:未分類( 16 )

9月22日(水)

ただいま、理数科プロジェクトPTTC(小学校教員養成校理数科)研修まっただ中。

カウンターパートと一緒に参加してますが毎日かな~り頭を使っています。
10日間みっちり・・・。
今日はその9日目。
心も体もよれよれです。

毎回ですが、首都プノンペンに滞在中は、いろいろな方に出会います。
そして、今日はプロジェクト関係の大学の先生に夕食に連れて行っていただきました。

お店は、なんと
f0204552_1222932.jpg


ピョンヤンなんとかレストラン。
食事は、ちょっと高めですがとてもおいしかった~003.gif
そして、なんといってもお姉さんたちが キレイ! かわいい!

カンボジアにいらっしゃった時にはぜひ どうぞ011.gif
[PR]
by masu820umi | 2010-09-23 01:25

神様からのごほうび

2010年6月7日

カンボジアに来てそろそろ1年。

某調整員さんには「ど田舎隊員」と言わたこともあったし
「プレイベンに住んでいるよ」というと、街のカンボジア人に心配されるしの
プレイベン隊員2名に、神様からのごほうびが016.gif
これ!!
f0204552_1561671.jpg

今までは、家族経営なミニバスで任地とプノンペンを移動してました。
が、このミニバス。
だいだいの発車時刻・・・(定時というものがないので)
荷物も人も乗せられるだけのせる・・・(時には生きた鳥が足を縛られて、足元にいたり)
窓も乗り降りするドアも常にオープン・・(時には雨も降りこんでくる)

着任当初は、どうやって任地とプノンペンを行ききするのか分からず
いろいろな人に聞きまくっても情報が得られず途方に暮れたことを思い出します。
(首都に住むカンボジア人でさえわからなかったよう)

それが、バス会社のバスが参入して6月4日から就航。
昨日、偶然にもそのことを知り、プレイベン任地の2人組は異常に興奮したのでした。

そして今日、プノンペンから初乗り☆
嬉しすぎて、記念撮影までしてしまいました。
[PR]
by masu820umi | 2010-06-08 02:35

うれしい電話

2010年2月8日

週末、日本人会の運動会のお手伝いで首都プノンペンに上がっている時に
嬉しい知らせが舞い込みました。001.gif

理数科でお世話になっている先生からの電話で、
「リコーダー、結構な数が、日本の援助団体から託されたのだけれども
使いませんか?」
という内容。

ということで、詳しい打ち合わせをしにNIE(高校教員養成校?だったような)に
今日、行ってきました。

実は、リコーダー話をいただいた方は、
カンボジアにおいての日本人の中でもかな~りえらいポジションの人です。
理数科の先生は、私が音楽も手伝っていることを思い出し仲介役となってくださったのですね。
ありがたいです。

なのに・・・
Tシャツしかもっていなかった025.gif
やたらラフな格好で恐縮しながら話を伺いました。
日本だったら社会人としてアウトですね。

3月にソプラノリコーダー30本を寄付してくれるとのことです。
ただ、リコーダーを寄付するのではなく、きちんと指導してくれる人がいるところを探していたようです。

PTTCで音楽の授業を手伝い始めたころ、校長先生に
「ピアニカではなくて本当はソプラノリコーダーを指導して欲しい」と言われていました。
なぜなら、リコーダーはピアニカに比べ安く手に入るので
生徒が自分で欲しくなったら手の届く金額だから。
2ドルくらいらしいです。

でも援助されて学校にあったのは、
アルトリコーダー40本、
ソプラノリコーダー10本、
ドレミ~が分からない、楽器をさわったこともないカンボジアの学生には、アルトリコーダーは難しすぎです。
しかも、音楽の先生も全くお手上げの状態。
で結局使われることなく、棚に眠っていた楽器でした。

そこで、日本の勤務校にも協力をお願いしていたのです。

日本の小学校では、ボランティアに関する子どもたちの委員会活動
「キラッ072.gifとボランティア委員会」の子ども達が、ソプラノリコーダー集めの活動を始めてくれたようです。
(第二小のみんな ありがとう。もしたくさん集められたら、同じ敷地の小学校で教えようかなぁと 考え中ですよ。)

道具や楽器を援助されても、結局使われずしまわれたまま・・・
(というか使い方が分からないから しかたないんですね)
という現状は、理科の分野でも音楽の分野でもみられるので

何か物を援助しようという方、それがどのように使われるか先のことまで
考えてくださいね。
[PR]
by masu820umi | 2010-02-09 02:26

クサオイなんです

2010年 1月 27日

クサオイ・・・クメール語で、「弱い」の意味。

小さなころから大病はしなかったものの、決して頑丈な体ではなかった私。
カンボジアに来て、時々体調不良の時もあったけど。
クサオイ気味ではあったけど

怪我はなかったのに・・・・

今日、思いっきり転び、顎を強打007.gif
やってしまいました。
原因は
f0204552_051596.jpg


近所の子たちとの、おにごっこ。
いつも、家の前の道路で遊んでて、日本人の帰宅を待っている子供たち。
私の家の庭が、きれいで遊びやすく好きみたいです。
多い時には、10人近くやってきて、一緒に遊ぶこともあります。

で、今日は夕方からの音楽クラブから戻り、だいぶ薄暗くなっている中
「hello」というおにごっこ(日本で言うと氷おに かな)

薄暗い中、ペタンこのサンダルで、小さな子と手をつないで走ったところ
滑って
顔面から047.gif

一瞬何が起きたか、わからずボー然。、
近所のおばちゃんたち数人もやってきって
心配されるしまつ・・・
恥ずかしすぎです。

顔に傷、そして、痛くて咀嚼ができず夕飯は柔らかいものを食べました。
昔からトロかったけど、
大人になってもこうだから、我ながら情けないなぁなんて思わず苦笑。

プノンペンの劣悪な交通事情で自転車でひかれそうになったこともあるので
本当に心配です。

どうか大怪我や大病をすることなく、任期を全うして帰国できますように。
[PR]
by masu820umi | 2010-01-28 00:46

カンボジアで凍える?

2010年1月21日

大変です。
カンボジアなのに、寒い!
熱帯モンスーン気候(たしか)なはずなのに046.gif

先輩隊員さんからは、「去年はすっごく寒かったよ」とは聞いてましたが
まさか、こんなに寒くなるとは驚きです。
ちょっと甘く見てました。

昨日、一昨日と雨のプレイベン。
昨日は、すっごく寒かったので、
上は重ね着で3枚、伝統巻きスカート・サンポットの下にはズボンを履いてがんばって登校したのに~

やっぱりカンボジア。
先生も生徒もほとんど姿を見かけません。
しょうがないですね。
寒すぎて私も登校する時、心が折れそうになりましたから・・・。

さて、そんな雨の中、ふと家の庭の木に目をむけると
f0204552_0274878.jpg


なんとマンゴーが実ってます。

よその家の庭にでは、ちらほらみかけ
「いいなぁ」なんて羨ましく思ってましたが。

灯台下暗しってまさに、こんな感じのことなんでしょうね。
こんなに大きくなってるのに、全く気付かなかった自分が心配になります。

実をつけていた木は3本。
早く大きくなぁれ003.gif
[PR]
by masu820umi | 2010-01-22 00:36

秘密特訓

2010年1月13日

毎日夕方5時から6時過ぎまで、特訓につきあってます。
なんの特訓かというと
f0204552_1332353.jpg


鍵盤ハーモニカ そして 伝統舞踊。

3月に、カンボジアで情操教育を支援する団体(日本)の
コンテストがあるらしく、
音楽の先生、かなり気合入ってます。

私の住む州では初めての開催らしく、どんな規模のものかは全く分からないのですが、
とにかく12月中旬から、参加したい生徒を集めての練習が始まりました。

うちの学校の生徒(教員養成校)は、コンテストに直接参加するのではなく、小中学生や高校生のお手本となるべく発表するのですが、

生徒たちが、初めて学期に触れたのが10月くらいだったような。
しかも数回程度・・・
でも、披露する曲は5曲008.gif

ということで突如始まった音楽三昧の日々です。

でも、生徒たちの伸びかたが スゴイ。
ゼロからのスタートだったのに、今では3曲マスターして
打楽器も加えて、簡単な合奏ができるまでになりました。

やる気に満ち溢れているから、力もメキメキついています。
とってもやりがいがあります。

本来は「理科の支援」だけど、「音楽」も手伝えますよ、って校長先生にアピールしてよかったぁ。

ちなみに今日は、30分くらい、ロアム(カンボジアの踊り)を一緒に踊らされました。

もう一つ

なりゆきで、音楽コンテストの審査員をすることにもなりました。
音楽専門じゃないのに、大丈夫かなぁ。
[PR]
by masu820umi | 2010-01-14 01:26

嬉しいお土産

2010年1月8日

遅くなりましたが
明けましておめでとうございます001.gif

といってもカンボジアのお正月は4月なので、
年末年始は特に盛り上がりも見せず
気忙しさのかけらもない、いつもながらの、のんびりした毎日でした。

唯一、年末らしい出来事といえば、29日からシェムリアップにいったことでしょうか。
日本の職場の後輩君が、カンボジアに来てくれたので会いに行ってきました。

彼は、大学時代に見た「地雷を踏んだらサヨウナラ」の映画の影響で
アンコールワットにいつか行ってみたいと思っていたそうで、
とても感激した様子。
私とは違う視点でシェムリアップの観光をしている様子が印象的でした。

そんな後輩君が、あったか~いお土産を日本から持ってきてくれました。
f0204552_101893.jpg

日本の職場の皆さんからの寄せ書き、
子どもたちからの手紙、
子どもたちの動画、
リコーダーと手作りのリコーダー入れ、
そして、日本のお菓子。

どれも、みなさんのあたたかい心が感じられるものばかり。
冬休み直前の目の回るような忙しさの中、時間を割いてくださって。
そのお土産を眺めながら
「自分は、大勢の人にささえられてるんだなぁ」としみじみ045.gif

ちょっと日本に帰りたくなりましたが。。。
そのお土産効果で、もうちょっとしっかり活動しようと気を引き締めることもできました。

第二小のみなさん どうもありがとうございます。
(そして Hさんに感謝です!)
次に、カンボジアにいらっしゃるのは、どなたですか?
お待ちしてますよ~056.gif
[PR]
by masu820umi | 2010-01-09 01:19
2009年12月8日

世界遺産を見ながら走る060.gif

この、とっても素敵なイベントに6日(日)参加してきました。

といっても、軟弱な私は10Kmへのエントリー。
JOCV(協力隊員)は29名のエントリーだったのですが、ほとんどがハーフマラソンへの参加です。
みんな すごい!!

早朝   4時45分 起床
      5時20分 トゥクに乗る
      6時40分 スタート(アンコールワット前)

暗いうちに 出発するとき ちょっとだけ後悔しましたが・・・。

でも、 とっても楽しむことができました。
なにしろ、朝日が昇る中 遺跡をみながら走ることができるなんて 
とっても贅沢006.gif

f0204552_164528.jpg



日本でだったら、参加しようとは思うことはないだろうマラソン。

来年は、ハーフに出てみたいなぁなんて 考えてます。
(でも、今は筋肉痛・・・)
[PR]
by masu820umi | 2009-12-09 01:02

「生きるっ」

10月19日(月)

これな~んだ?
f0204552_23541771.jpg

カンボジアで生活して4ヶ月。

日本でいるときは、絶対考えなかったようなことを日々考えてる自分に気付きます。027.gif
安心して「過ごす」ことができた日本。
途上国にいるとダイレクトに毎日「生きる」ってことを考えずにはいられません。

食事の安全性や(ボイルした小エビにあたり、しんどかったぁ)、
全神経を集中させて横断する道や(逆走するバイクや信号無視で強引につっこむ車にひかれそうに。危なかったぁ)、
油断するとさされる蚊や(デング熱におびえます。しかもプレイベンの病院は。。。)
ちょくちょくある停電(夜は、真っ暗すぎてロウソクをつけるのに一苦労)
その他 いろいろイロイロ・・・ありすぎです008.gif

衣食住に関して、こんなに真剣に考えたことは いままでなかったような。
ここでは、たぶん弱ったら一気にダメになってしまいます。
だって、ここはカンボジア。
病院だって、いまひとつ信用できないし・・・。

どうして、こんなことを考えたかというと。。。

居ました。お腹に
寄生虫 ジアルジア

10日間ほど、腹痛が続き様子が変でした。食事ができませんでした。
ちなみに、同じプレイベンに住む友達も(仲良すぎです!)

でも虫下しのお世話になり、今は復活です。019.gif
上の写真は、虫下しの薬でした。

「生きる」ことを毎日考えて、残り1年5カ月「生きぬいて」元気に帰りたいなぁ。
[PR]
by masu820umi | 2009-10-20 01:36
9月23日(国内旅行 17日~20日)


カンボジアは プチュンバン(お盆)で、プノンペンは閑散としていました。f0204552_17174691.jpg

この期間を利用して、シハヌークビルというカンボジア随一のリゾート地へ行ってきました。003.gif

目的は、海鮮そしてダイビング!

   17日・・・午後   夕日のきれいなお寺訪問、そしてビーチ沿いでイカ焼き037.gif

   18日・・・午前   ビーチで友達が髪の毛を三つ編み(アフリカンな感じに)
                   そして またイカ焼き023.gif

         午後   クメール人の知り合い家族と滝スポットで食事。
               港見学 港のクレーンに乗せてもらう
                  (日本では安全上の問題からたぶん許されない)

   19日・・・一日   ダイビング
             (ありえない体験付き)
   20日・・・帰路
f0204552_17121335.jpg

シハヌークビルは、欧米人がとても多く、わたしの住むプレイベン州とは違う国のよう。
なんといっても、チーズやベーコンなんかが売っている店があるっ。うらやましい。

でも、そこではやっぱりカンボジアならではの、びっくり体験満載の旅でした。
詳しくは、少しづつ書いていきますね。
[PR]
by masu820umi | 2009-09-23 17:09